Hatena::Grouptantanto

淡々手帳

2009-02-24

 

もうすぐ卒業。

寄せ書きしようって、子どもたちにも書かせるって、むずかしいでしょそれって。簡単に言うなよ~、と思いながら色紙のスペース割してタック紙用意して、ひとりずつ書いてもらって、なんとかそれらしくなった。提案したひとは面倒なことはたいていしない(笑)

がんばれ、とか書く子もいるし、なんとか名前をようやく書いてくれる子も、書けない子もいる。ゆっくり説明したつもりだけど、たぶんよくわからないまま書いてる子を見てると、わけわからんもんにぽろぽろサインさせちゃって先々マズくないの??、とか思った…


「より良き明日を」

そんな言葉が書けるほど私はなにもしてないからね。さくらのシール、たくさん貼った。

2009-02-13

 

こないだ、県の支援事業でトライアル雇用中のひとに会った。とても落ち着いていて「忘年会も誘ってもらった」て笑ってた。ちょっと話したくらいじゃ支援が必要に見えないし、最初は障害者枠には乗り気じゃなかったらしい。でも通院も服薬もまだまだ必要で、年齢分のフツーの社会経験もないし、ささいなことで揺れそうな気もした。景気わるいし、いつ、そこまでしてまでと言われないとも限らない。助成金がちょうど切れるころに短時間就労にされるなんてことも聞くし。うまく、続くといいな、と思う。


改正が決まったらしい。

障害者一律負担見直し決定 自立支援法与党PT案(asahi.com 2009.2.12)

去年の秋、中央はまだ介護保険との統合を押してる、と聞いたけどどうなったかな。

いま障害者施策は就労支援にしか予算つかないみたいだ。ほかのことには地域支援事業費とかあやふやなドラえもんのポケットみたいなとこからあてにならない助成が出たり出なかったり。

就労支援で生活を変えられるひとはいる、彼のように。けして充分ともいえないんだろう。ただ、この法律の対象は、いったいだれなんだって、いつも思ってた…


梅が咲いた。今日は風が強いね。

外吹く風は金の風

大きい風には銀の鈴

けふ一日また金の風

2009-02-01

 

もう2月。あー、いそがしかった。

なんで巻き込まれるんだかわからない私みたいのまで巻き込まれるから、どぶ板なんだね(笑)

検査のたびに生検オーダーされても、「術後2年過ぎても検診は6か月あけられないよ」と言われてても、いそがしい、がだいじょうぶになった。

2008-11-15

 

小学低学年の女の子。

母親といっしょに見学にくる。慣れない場所なので誘いかけ、ではなくてブレーキかけるのが必要なほど楽しそうに遊んで、気に入ってくれたらしくて、ここでとまる、と言う。お布団ないので泊まれません、と帰っていただく(笑)

後日、「ネグレクトかもって情報あるんだけど、どう思う」とか訊かれたけど、ひゃー、問題行動だらけの子どもたちばかりですもん、どうって訊かれてもこまるんですけど。

身体のバランスがわるいので、障害があるのは見てわかるタイプだけど、おしゃべりだけ聞いてるとそう思えないくらいすんごくしっかりしすぎてる。それもアンバランスと言えるかもだけど、年齢よりしっかりした口ぶりのおしゃまさんなら女の子にめずらしくないし、人見知りせず母親の手離れがやたらよい子どもも(母親も)いる。「知的障害があるにしては」と言われると私には、よくわかりません、と言うしかなかった。そもそもネグレクトでこんなとこにつれてくるかしら、とも思う。母親の態度をなげやりと評価できるのか、わからない。

たぶん療育関係からの情報だろうから、専門家からみれば気にかかる親子であることはたしかなんだろう。だからといって介入するのは簡単じゃないんだろうな。それでなくてもぐらぐらの綱渡り的な毎日だったりするところに強引に介入して、うまくいくかどうかはむずかしいし、先は、まだまだ長いし…

とか言ってるうちに、なんてほど切迫しているようにはみえない。でも、みえないだけかもしれない。

急がなくちゃいけないのか急いじゃだめだめなのか、わからないんだけど、とりあえずは、できるだけたくさんの外の目と手が届くように、素人のボラ学童でも出てきてくれればいい、そう思っておく。



日暮れが早い。

おかあさんのおむかえに、みなうれしそうに帰っていく。

2008-11-02

 

歩いてると、かつんかつん音がする。

どんぐりってどうして拾いたくなっちゃうだろう。


f:id:tasigi:20081102171003j:image

Rei8Rei82009/01/06 00:08その気持ちわかります!